アフィリエイトクラブの正しい使い方を公開!私がnihongo1000のもとで実際1万円稼ぐ自動販売機を複数個作った全過程

アフィリエイトクラブは、初心者から中上級者がそれぞれのレベルに合わせて学べるアフィリエイトの教科書ですが、あまりにも情報が多いため迷ってしまいます。

基本的に、メルマガで基礎知識を学び、順序よくマニュアルに従って作業していけば、初心者でも確実に実力がつきますが、私も膨大な情報量に戸惑ったうちのひとりですから皆さんが不安なのは痛いほど分かります。

ですから、ネットで1円も稼げなかった私がいかに稼げるようになったのかを順を追って解説していくことにしましょう!

このページを読み終える頃には、「こんなオッサンにできるぐらいなら私でも!」って安心してくれているのではないでしょうか?

私が経験した様々な副業との比較も併せて紹介していきます。

目次

アフィリエイトクラブ実践日記を3年分公開します

諸事情で働けなくなった私は、アフィリエイトの稼ぎ方も知らず作業を開始。

当然、

  • SEOって何?
  • コピーライティングって何?
  • ASPと物販の違い

も分からず作業を始めたので、当時はすごく珍しい存在だと言われていました。

アフィリエイトクラブの前身である100万円不動産講座(以下アフィリエイトクラブ)へ入るには、ネットで月5,000円稼いでいる条件がありましたが、生活に困窮していた私はnihongo1000先生に無理やり頼み込んで入会を許されます。

現役コンサル生の中に半年で月100万円稼げた主婦がいたため、自分も梅林先生に教えを乞うことさえできれば同じように稼げると思ってしまったんですよね。

妻には「1年後に俺は月収100万円稼いでみせる!」って堂々と宣言。

今考えればアホですわ。

しかし、結果的にその勘違いが功を奏します。

それまでの私は、ネットで月5,000円稼げるようになったら誰かに教えを乞おうと必死でしたが、いつまでたっても1円すら稼げません。

アフィリエイトクラブへの入会金は当時18万円でとても私には払える金額ではありませんでしたが、「パソコンもできなかった主婦が半年で月100万円稼いだのだから、自分に先行投資すればひょっとして1年後にはペイできるのではないか?」と考え、趣味の釣り道具を売って資金を調達

命より大切な釣り竿やリールでしたが「1年後に稼いで取り戻せばいい」と自分に言い聞かせ覚悟を決めました。

私なりの戦略を披露します

アフィリエイトクラブは、アフィリエイトを売ることを目的とた教科書ですが、初心者はまずアドセンスから始めるべき。

アドセンスとはGoogleアドセンスの略称で、いわゆる自動広告のこと。

Yahoo!ニュースや価格.comを読んでいると、右下や記事下に出てくるアレです。

マニュアルや図解は豊富に揃っていますが、商品やサービスを売るのって意外に難しいんですよね?

実はインターネットでモノを売る場合、3つのないを乗り越えなくてはなりません。

多くの初心者がより高度なアフィリエイトから始めてしまうので、挫折していくと言われているぐらい。

3つのないを乗り越えないとモノは売れない

  • 読まない
  • 信じない
  • 行動しない

いわゆる「3つのNOT」と呼ばれるコピーライティングの世界ではあまりにも有名な言葉です。

商品を売るためには、読者の問題を解決して共感を得ることができれば割と簡単に売れ始めますが、初心者にはハードルが高すぎます。

マニュアルに記載がありますが、アドセンスは、読者の好みによって広告を自動で切り替えてくれる優れもので、クリックされやすい位置に広告を置くことで割と簡単に収益が上がります。

アフィリエイトとは違いクリックされるだけで数10円から数1000円付くので、私はこれを基本給、アフィリエイトはボーナスと捉え稼ぐことに専念しています。

ちなみに私の最高額はワンクリック5,000円ですよ。

アフィリエイトは無料登録系を攻略しよう

もうひとつ私がこだわっていることを披露しておきます。

ある程度アドセンスで自分の満足のいく月収を稼ぎ出せるようになったら、次はガンガンアフィリエイトを売りまくりましょう!

しかし、「3つのNOT」を崩し読者の共感を得るのは初心者にはハードルが高すぎます。

じゃあどうしたらイイのよ?って声が聞こえてきそうですが、無料系であれば初心者でも簡単に訴求することが可能。

例えば、

  1. 無料で登録するだけで1,000円
    転職サイト・転職エージェント
  2. 無料のお試し期間に登録してもらうだけでも1,000円
    タダで見て解約する方法を説明してもOK
    ネット動画配信サイト、Amazonプレミアム会員
  3. 見積りの電話を掛けた時点で3,000円
    インターネットに個人情報を入力したくないよね?って訴求でOK
    バイ〇ル

他にも資料を請求するだけの資格スクール系や、不動産土地活用系、老人ホームの検索サイトなど探せばいくらでもあります。

ちなみに私もアフィリエイトの90%以上は無料系で稼がせてもらっています。

知らないってこういうことですよ?

1年目の実践日記

誰でも楽して稼げる系を含めアフィリエイトに挑戦するのはこれが3度目となる私ですが、初心者同然でのスタート。

現実の世界では収入が途絶え、少しでも早く自動販売機を作りたいと焦るものの、1年目の私は月1万円稼げるかどうか?何文字で何記事書けば到達できるか想像すらできない状態です。

長年ノウハウコレクターをやってきた反省もあり、マニュアルに従い作業することこそが稼げるようになる最短距離と自分に言い聞かせました。

はやる気持ちを抑え、まずは作業時間の確保を行いました。

失敗しないための作業時間と作業量の確保

コンサル生の多くがサラリーマンや主婦、普段は自営業をしている社長さん。

中には既に脱サラしてせどりやアフィリエイト収入で生活している猛者や学生も含まれていましたが、そのほとんどがアフィリエイトで月1万円も稼いだことがない初心者ばかり。

アフィリエイトクラブの真骨頂である特化型アフィリエイトサイトを構築するには、それ相応の作業時間を確保して毎日一定の作業量をこなさなくてはなりません。

パソコンやインターネットへの造詣、アフィリエイト歴もそれぞれ違いますから、一概に1日何時間作業すればどれぐらいで稼げるようになるのか?ここで言うことはできませんが、私は11か月目にして月1万円稼げる放置サイトが一つできてしまいました。

作業に要した時間はおおよそ600時間。

1日2時間ぐらいをアフィリエイトに割いた計算ですが、寝る間を惜しんで熱中していたツムツムやパズドラなどのスマホゲームを封印、テレビも極力見ないようにすれば作業時間は簡単に確保できました。

資格やスポーツの世界では復習や予習、練習に1000時間つぎ込むことができれば、とりあえずは土俵の上に乗れる1000時間ルールが有名。

そこからさらに2000時間、3000時間と積み重ねていくことでセミプロ級、プロ級と上がっていけますが、私が月1万円稼げるサイトを作ることができたのは1,000時間にも達していない、他の世界では土俵の上にも乗っていない状態ですよね?

今まで何をやってもダメだった私にとっては一世一代の快挙でした。

マニュアルを印刷して持ち歩いているって本当の話?

コンサル生の多くがマニュアルを印刷して持ち運んでいるってウワサは本当です。

アフィリエイトクラブで提供されているマニュアルは646ページ以上ありますから、全て印刷しようと考えるとそれはもう大変な労力。

私も全てとはいきませんが、見本系、設定系マニュアルはもれなく印刷してファイリングです。

特にワードプレスは初期設定をミスすると後で変更できない設定があるので、未だに設定マニュアルを見ながらやっています。

人って慣れてきた頃に必ず気が緩んで失敗してしまうもの。

私も「マニュアルを見なくても設定できる」と気が緩んだ頃、数回やらかしました。

アフィリエイトは学ぶことが多く基礎がおざなりになりがちですが、常に基本に立ち返ることも非常に大切ですね。

全20回のメルマガを受講して基礎の基礎を固める

まずは全20回のメルマガに従って作業を開始。

アフィリエイトクラブの凄いところは、重要なキーワードを一切にごすことなく超具体的に開示していることろ。

こういう風に1から10まで事細かに書いてくれれば、少なくとも20日間はサボる余地はありませんよね?

今では当たり前のように使っているASPへの登録から始まり、アメブロアカウントや今後必要になってくるGmailのアカウントを取得。

同時に自己アフィリエイトで自己資金を稼げるだけ稼ぎ、今後稼ぐために必要な自分の悩みやコンプレックスを抽出。

自分の経験と稼げるジャンルが交差するキーワードを攻略

メルマガの指示に従い、夢と欲望ノートを実際に作って、世界一周旅行がしたいとか、自宅でビジネスができたらいいのにとか色々書きまくりました。

家族で国内旅行・世界旅行に行きたい、船舶免許を取って釣り船を取得したい、航空免許をとってセスナを操縦したい、アムウェイで友達なくした、国家資格失敗、起業失敗、リストラされた、転職回数が多い、不妊治療、うつ病、肥満、緑内障

ただ、ここで注意しなければならないのは、やりたいことが必ずしも稼げるわけではないということ。

ネットで売れるジャンルは限られているので、自分の悩み等と一致するジャンルを選択しましょう。

  1. お金持ちになりたい
  2. きれいになりたい
  3. 恋愛したい
  4. スポーツが上手くなりたい
  5. 語学が上手くなりたい
  6. 病気を治したい
  7. いい仕事に就きたい
  8. 一日中ゲームがしたい
  9. 芸能人を追いかけたい
  10. 世界中を旅したい

基本的にこれらのジャンルから選べばまったく稼げないってことはありませんが、逆にこれ以外でやると大概失敗に終わります。

私はこれらのジャンルにもうひと手間加えて、アドセンスの単価を上げて稼いでいます。

当サイト特典として最後のひと手間を紹介していますよ。

検索ボリュームを確認する

自分が攻めるジャンルが決まったところで、実際どれぐらい検索されているキーワードなのか調べる必要があります。

こういうひと手間をかけるかかけないかで、今後稼げるか稼げないかが決まってしまいます。
アフィリエイトクラブでは、初心者でも月1万~10万の検索ボリュームがあり、競合度が「低」のキーワードキーワードプランナーという無料ソフトで調べるよう教えられますが、初心者の私はビビッて月1000~1万しかないキーワードを選択。

できるだけ誰とも争わない抜け道を自ら模索してしまったんですよね。

nihongo1000先生は初心者でも稼げるボリュームとして月1万~10万あるキーワードを推していますが、私のように勝手な判断をすると当然稼げません。

皆さんはちゃんとマニュアルに従って行動してくださいね。

ライバルサイトの強さを確認する

ある程度の検索ボリュームがあるキーワードが選べれば、最後はライバルサイトの強さを調べておく必要があります。

アフィリエイトで稼ぐには、検索結果の1ページ目、つまり1位から少なくとも上位10位に表示されるよう目指さなければなりませんが、他のライバルサイトが強すぎると、どんなに頑張って記事を書いても上位表示することは難しいです。

私たちアフィリエイターは、有料の分析ソフトを使ってライバルサイトをチェックしますが、

初心者のあなたは、

  • 個人が書いたサイトなのか?
  • 企業が作ったサイトなのか?
  • 無料ブログなのか?

を見分けられれば、まずは良しとしましょう!

1ページ目に企業が作ったであろうサイトが密集するキーワードは避け、個人が書いたサイトや無料ブログがひしめき合っているキーワードを選ぶクセを付けてくださいね。

初年度の私は、ライバルチェックをロクに行わず焦って記事を書き始めたため、検索ボリュームと共に苦労することになります。

ライバルサイトの強さは実際に目視で確認してくださいね。

被リンクを得るためのサテライトサイト作りを開始

初心者は、無料ブログを使ったブログアフィリエイトから始めるべきか?それとも有料サーバーを借りてワードプレス(またはシリウス)でサイトアフィリエイトを作るべきなのか?でメチャメチャ迷いますよね?

アフィリエイトを詳しく紹介しているサイトの多くが、無料ブログは終了する可能性があるから有料サーバーを借りて自分だけの城、つまりサイトアフィリエイトを作るよう勧めていますが、それは半分正解で半分間違っています。

確かにFC2やライブドアなどの無料ブログは運営主の意向に左右されるサービスですが、ここ10年で終了した無料ブログサービスはほんの僅か。

Yahoo!ブログ、はてなダイヤリー

しかも、無料ブログには無料ブログの役割、つまり被リンクを得る役割やキーワードのリサーチを行う役割があるので絶対に外すことはできません。

無料ブログサービスは数あれど、初心者がまず手を出すべきブログサービスは、被リンクを最も多く得ることができるアメーバブログ(以下アメブロ)一択。

他にも、FC2やライブドアからの被リンクも強力ですが、アメブロは集客ツールで強制的に被リンクを得られるためダントツ最強。

アメブロから始めるのがアフィリエイトクラブ流とも言えますね。

時間があれば同時にライブドアやFC2からの被リンクを用意しておくべきですが、時間のない方は後回しにしても構いません。

当時の私は、1記事600字ルールでアメブロを書くのに軽く1時間以上はかかっていましたが、今ではものの10分もあれば1,000字書けるまでに成長。

人間やれば成長できるものです。

アメブロが20記事ほど書けたら、次ははてなブログを使って同じテーマの記事を1,000字30記事目標に書いていきましょう。

少し字数が増えますが、この頃になれば1,000字程度の記事も苦にならないハズです。

EXCELで作業工程表を作っておけば進捗が一目瞭然でおススメ。

無料で使えるお勧めのブログを8つ紹介しておきます。

必須 ドメインの強さ 総評 S化(※1) カエテン(※2)
アメーバブログ 5 2018年アフィリエイトが解禁された
アメーバキング2(※3)で強制的に集客できる
×
ライブドア 5 2019年は非常にドメインが強かった
1アカウント3つまでブログを作れるのが嬉しい
FC2 5 稀にBANされるがドメインは強い
ソネット 4 ドメインは相変わらず強い
1アカウント5つまでブログを作れるのが嬉しい
はてな(※4) 4 2019年ドメインの強さが下がったが、アフィリエイトが解禁された ×
シーサー 4 使いやすい
1アカウント3つまでブログを作れるのが嬉しい
ブロガー 4 非常に使いにくい ×
ジュゲム 3 デザインしにくいが使える ×
忍者 3 使いやすい

(※1)S化とは、https暗号化された通信方式のこと。httpのままのブログは今後表示されなくなる
(※2)カエテンとは、カエテンジョイの略で無料ブログを自由にカスタマイズできる有料ソフトのこと
(※3)アメーバキング2とは、アメブロ読者を自動的に集めることができる有料の集客ソフトのこと
(※4)はてなブログはアフィリエイトクラブで有料プランを推奨

ワードプレスを使って特化型サイトを構築する

いよいよ特化型サイトアフィリエイトの稼ぎ頭ワードプレスの設定に入ります。

無料ブログサービスはパソコンに詳しくなくても、メールアドレスさえあれば気軽に使えるメリットがありましたよね?

でもワードプレスって全部自分で設定しなきゃならないから面倒くさいし、そもそも「何をどこから始めていいのか分からない」挫折者が続出するポイント。

ドメインを自分で取得して有料のレンタルサーバーを借りるのが難所で、ここさえ超えることができれば、自分の悩みやコンプレックスを利用して稼ぎまくることができるのに億劫で前に勧めない。

アフィリエイトクラブには、ドメインの取得方法から有料レンタルサーバーの契約方法、ワードプレスの諸設定がカラー図解で用意されているから、迷いどころがありません。

私も独自ドメインを取得したり、有料レンタルサーバーを借りるのはもちろん初めてでしたが、怖いのは最初の一歩を踏み出すところだけ。

2回目以降は慣れがありますから、戸惑うことなく進められるようになります。

ネット上で公開されている無料のノウハウを使って、楽してアフィリエイトで稼ごうと希望に満ちていた人たちが一気に減るのもこの辺りです。

ということは、逆にここを乗り切れれば独り勝ちできると思いませんか?

それでも自分では絶対に設定できない人向けの代行サービスはこちら

文章の書き方やコピーライティングは上達するのか?

設定がひと通り終わったら、アメブロやはてなブログと同じように記事入れを開始ですが、ワードプレスで記事を書く場合、1記事3,000字前後が標準。

今まで最高でも2,000字までの文章を書いていたのに、一気にハードルが上がる形で「自分にはとても書けない」とお思いでしょうが、筋トレと同じで毎日書いていれば5000字ぐらい楽勝になります。

しかも国語力1の私が、これだけの文章を毎日継続して書けるのは、アフィリエイトの書き方を知っているだけです。

基本的に皆さんは悩み系と呼ばれるテーマを題材に読者の悩みを解決してあげるのが目的なので、【悩み】と【その解決方法】があれば文章は成立します。

これを小難しいWEBライティングに当てはめれば、PASONAの法則とか呼ばれますが今の段階で気にすることはありません。

P:Problem(問題提起)・A:Aglitation(あおり)・S:Solution(解決策提示)・N:NarrowDown(絞り込み)・A:Action(行動)

将来的にはWEBライティングも学んでいく必要がありますが、アクセスが来ないことには誰も読んでくれません。

初心者の中には、小難しいライティングに嫌気がさして書くことを辞めてしまった方が大勢いらっしゃいますが、そういう人ってものすごく勿体ない存在ですよね。

月1万円稼ぐのにテクニックは必要ありません、必要なのは書いて書いて書きまくるだけ。

ですから皆さんは、できるだけ文章をたくさん書いてアクセスを大量に集めることから始めるべきですね。

人生初!中古ドメインを購入してスピードアップ

ここまでアメブロ20記事、はてなブログ30記事、そしてメインのワードプレスは100記事以上書きまくった私ですが、未だにアドセンスは1日200円から300円位しか発生しません。

アフィリエイトは簡単には稼げないと想定はしていたものの、100記事書けばアクセスが一気に上昇して月30万円ぐらい稼げる淡い期待を抱いていただけに、この状況はまったくの想定外。

アフィリエイターは時給45円とか言われますが、私の場合、時給に換算すらできない売上です。

こんな調子じゃ10年経っても稼げないと、いかに自分に才能がないとか不幸なのかとかを上級生に聞いてもらってたのも、ちょうどこの頃です。

そんな時、nihongo1000先生からもらえたアドバイスが、2サイト目の独自サイトを中古ドメインで作ってみようという提案。

中古ドメインとは、その名の通り中古の独自ドメインのこと。

世間でいうと、中古品は新品よりも安くで買えそうなイメージですが、アフィリエイトの世界では既に数年間運用されているもの、つまり検索エンジンからある程度評価を得ているものを買うため、高額になる傾向にあります。

いやいや、1サイト目の毎日更新だけで精いっぱいなのに、2サイト目だなんてとてもじゃないけど無理です!!と返信したところ、「外注に書かせればいいじゃん」って回答にただ驚くことしかできなかった私。

外注化戦略で一気に記事数が3倍に増える

アフィリエイトクラブのノウハウの中に外注化戦略があったのはもちろん知っていましたが、外注さんに指示を出すのはもっと先だと思っていました。

確かに、外注を使いこなすと楽だとは聞いていましたが、自分のことで精一杯の私は他人に指示する余裕はありませんし、そもそも私の指示に従ってくれるか甚だ疑問でしかありません。

  • 無駄な費用だったらどうしよう?
  • 意図しない記事が上がってきたらどうしよう?
  • コピー記事が上がってきたらどうしよう?

とネガティブなことばかりを考え二の足を踏んでいましたが、初回の指示内容はnihongo1000先生がほとんど考えてくれました。

ランサーズやクラウドワークスは、手軽な単価で外注記事を集めることができるクラウドソーシングのひとつ。

初回はざっくりとしたバイトの体験談を募集しましたが、たった数時間で、ものの見事に指定した20記事が上がってきます。

内容はまぁピンからキリまでって感じでしたが、なんとそのうちの1記事が大当たりして今後の私の運命を大きく変えることになるとは、知る由もありません。

1年目の悩み

とにかく1年目は作業手順に従って作業するので精いっぱいの私。

初年度半年で稼げたのはたったの669円。

6か月目を超えたあたりから「こんなんで本当に稼げるの?」って疑問が湧いてきて、何度も戦意喪失。

そりゃそうですよ、自力で稼いだ経験がない人間がお金を自動で生み出す自動販売機サイト作りを目標にしているんです。

成功体験もない真っ暗闇の中、毎日1日1記事継続のルールを守りただただ記事を書きまくるだけ。

  • もう少しテクニック的なことを学んだ方がいいんじゃないのか?
  • 結局才能がある人間だけが稼げる世界なんじゃないの?
  • nihongo1000の肥やしになっただけなのか?

って疑問が次から次へと湧いては消える毎日。

ひょっとして無駄な作業なんじゃないの?って自問自答しながらの作業は苦痛でしかありませんでしたね。

1年目の失敗

失敗していても気付かないのが初心者の強み。

強いていうのであれば、先が見えない不安に襲われ何度も戦意喪失して作業の手が止まってしまったのが失敗だったかなぁ。

現在月100万円以上稼いでいる先輩や年収1億円近い人、Twitter界隈の有名どころでさえ、「月1万円稼ぐまでが一番辛かった」と口を揃えて言います。

この時期が一番辛く踏ん張りどころですが、稼いだ経験のない私たちに分かるハズもありません。

「稼げないことへの恐怖」で支配された1年間でしたね。

2年目の実践日記

1年目でひと通りサイト群の作り方をマスターした私は、中古ドメインを使って3サイト目の作成に取り掛かります。

アフィリエイトクラブに入るまでは存在すら知らなかった私は、すっかり中古ドメインの魔力に取りつかれてしまいます。

なにせ新規ドメインに比べ上位表示が早いし、20記事しか入れていないサイトがガンガン上位表示され収益が上がっていく。

それもこれも全部アフィリエイトクラブ内にあるマニュアルのおかげですが、何でもっと早く中古ドメインの使い方を教えてくれなかったんですか?ってnihongo1000先生に文句を言った私は、「昨年はそれ以前のレベルだった」と言い返されてしまいます。

本当にその通りです、昨年の今頃は1円も稼げずヒヨコみたいな目をしていたんですから。

アクセス解析をもとにサイトを増産する

それまでは毎日の記事入れを死守するのが精一杯でしたが、1年目が終わったこの頃、ようやく無料のアクセス分析ソフトサーチコンソールの使い方が理解でき始めます。

それまでに作ったサイトを分析したところ

  • 書き直したらもっとアクセスが来るよ
  • こんな記事を付け足したらどう?
  • 他の人たちはこんな記事を書いているよ

ってサインが出はじめ、次はどんな記事を書けばいいのか?自分のサイトには何が足りないのか?稼いでいる人たちはどんなジャンルをせめているのか?が手に取るように分かります。

得られたものは大きいですが、同時に、分析に時間をかけるようになって毎日記事入れすることが困難になりました。

分析とリライトが面白くて先に勧めないってジレンマを感じ始めたのが、ちょうどこの頃。

売上の半分は外注や中古ドメインに投資

アフィリエイトクラブでは、月1万円~5万円稼ぐサイトアフィリエイトを増産していくことこそが、月収100万円を突破する最短の方法としています。

私たち労働者階級からすれば、頑張って稼いだ売上はすべて懐に収めたいのが本当のところではないでしょうか?

しかし、売上の半分は外注や中古ドメインに投資して資産を倍増していくのがビジネス的なセオリーです。

つまり、月1万円を稼げるようになったなら5,000円、月10万円稼げるようになったのなら5万円を外注記事や中古ドメイン、有料ツールに投資してください。

大丈夫ですよ?

先行投資した記事や中古ドメインは、あなたを上へ上へと押し上げる起爆剤になってくれます。

1年か2年死ぬ気で頑張れば、想像していた以上の不動産が手元に残りますから。

縦展開・横展開でドミナント戦略

私たちアフィリエイターが新しいサイトを作るたびに、ネタを仕入れてきて設計して苦労していると思われがちですが、実は横や縦にズラして記事数を稼いでいるって事実はあまり知られていません。

よく聞く「ズラし」ってどういうことなの?と疑問に思っている人も多いはずですよね?

アフィリエイトクラブでも詳細に説明されていますが、これは横展開と縦展開と呼ばれる戦略です。

横展開…主語のズラし

縦展開…テーマの深堀り

ひとつ例を挙げておきます。

私は当初40代向けの転職情報サイトを運営していましたが、この横展開で

  1. 40歳向け転職サイト
  2. ミドル向け転職サイト
  3. 中高年向け転職サイト

の3つを増産。

書いている内容は全く同じですが、主語を40歳、ミドル、中高年と変化させていきました。

加えて縦展開で

  1. 40代女性のための転職サイト
  2. 40代うつ病のための転職サイト
  3. 40代未経験者のための転職サイト

をさらに増産。

こちらも書いてある内容は全く同じですが、40代のペルソナをより深堀して特化。

私たち作り手にすれば同じ主語を変えて内容をズラしているに過ぎませんが、Googleの検索エンジン上では全く別物として認識されます。

この市場の独占は、大手コンビニが使うドミナント戦略とも呼ばれ、世間では忌み嫌われていますよね?

しんどかったのは、最初に作った数個です。

残りはサーチコンソールから上がってきたキーワードを元に、縦展開・横展開でサイトを少しづつズラして10倍稼いでいるにすぎません。

セコいですか?

でも、これがビジネスというものです。

外注記事が当たりアフィリエイトの単価が10倍

2年目も中盤に差し掛かったころ、外注に依頼したとある2つの記事が爆発的なアクセスを集める緊急事態に陥ります。

いわば嬉しい悲鳴です。

ひとつはアクセスを集めるためにはもってこいの某職業の裏側的記事。

たった400円で書いてもらった体験談がなんと、1,000倍近い収益を生み出したのです。

もちろん、その記事は今もなお横展開・縦展開し現在も当サイトの人気記事として稼ぎ続けてくれています。

もうひとつの外注記事も同じく某職業のあるある系。

当時私が狙っていたASPはだいたい報酬額にして500円から1500円が中心でしたが、この記事があったったことによって10倍の5000円から1万円の商品が飛ぶように売れ始めます。

ちなみに無料系のアフィリエイトです。

ダブルで受けた嬉しい悲鳴でした。

2年目の悩み

アフィリエイトクラブに入って2年目を迎えようとしていた頃、私の書いた記事が1,000を超え月10万円を突破。

やっと報われた、これからガンガン精度を上げて稼いでいくぞ!と意気込んだその時、無慈悲なGoogleのアップデートで運営していた健康系のサイトが壊滅。

稼ぎかしらだった私のサイトはことごとく圏外に飛ばされ、売上も10分の1以下にまで落ちてしまいます。

月10万円突破と初のアップデート被弾で私の心はボロボロ。

ここまで頑張ったのに、やっと家族にマシな生活をさせてあげられるとホッとした瞬間の出来事でした。

ここから作業を再開するまで1か月はかかりましたね。

ここまでやっても報われないアフィリエイトはクソだ!結局運のいい人間しか稼げないんだ!いろいろ投資して損したと恨み節。

ずーっと不貞腐れていたのを今でも覚えています。

2年目の失敗

私が2年目で犯した失敗は、中古ドメインを買い過ぎて制御不能に陥ったこと。

中古ドメインは上手く再生してやればアタると確信した私は、結局12個も購入した挙句手が回らなくなってしまいました。

キャッシュポイントをひとつでも多く作ることが最終目標ではありますが、サイト数を増やし過ぎたのは反省点でもあります。

ほんの数年前までは、早く1日が終わってほしい、早くこの地獄から抜け出したいともがいていましたが、今では1日72時間ぐらい欲しい気分。

新規サイトの設計、運営サイトの分析・リライト、ツールから上がってきた記事の追加と、やることが多すぎて目が回り始めます。

オマケにこの頃、SEOからSNSへと流れが変わり始めた時でもあったので、TwitterやFacebookでファン作り、未知なるInstagramへの挑戦が重なってヘトヘトでしたね。

3年目の実践日記

月10万円を超えたと思ったらアップデートで売上が10分の1になったところから、3年目はスタート。

正直、こんな世界に足を踏み入れるべきじゃなかったと後悔ばかりしていました。

しかしもう後がない私は自分を奮い立たせ、再び動き始めるしか他に道はありません。

困ったらマニュアルを読み返そう

アップデートで被弾して何から再開すればよいのか分からなかった私は、基本に立ち返り640ページにも及ぶマニュアルの読み直しを開始。

作業に没頭していて2年ほどロクにマニュアルを見ていませんでしたが、このとき大きな間違いを冒していたことに気付きます。

中古ドメインの再生方法が根本的に間違っていたのです。

マニュアルではきちんと再生手順が記載されているのに、勝手に解釈して進めていた私の作業スタイルがそこにありました。

これではいくらマニュアルが優れていても元も子もありません。

3年目の節目を迎え私がやるべきことが決まりました。

信じる者は救われる

3年目の中盤に差し掛かったころ、落ち込んでいた私のサイトがにわかに活気づきます。

新たなアップデートが起こり順位が軒並み戻ってきたのです。

神は私を見捨てなかったのでしょうね。

それまでの半年間は、体力の限界まで書いて書いて書きまくり、放置していた中古ドメインサイトを正しい方法で次々と再生。

おそらくこの2、3年で、いや40数年生きてきた中で一番努力できたのではないか?と思えるまで頑張れた気がします。

人はピンチになればなるほど色んな人にすがろうとする生き物ですが、師匠はひとりでイイと思った瞬間でもありました。

さぁ、次は皆さんの番ですよ?

アフィリエイトクラブの正しい使い方と1万円稼ぐ自動販売機を複数個作った過程を公開まとめ

最後に要点を纏めておきますので、参考にしてください。

  • 最初のうちは、アドセンスを基本給・アフィリエイトをボーナスと捉えれば上手くいく
  • 焦る気持ちを抑え基礎の基礎から学んでいくのが効率的
  • 1年目は継続して作業を続ける忍耐力が必要
  • 稼げるジャンルは決まっている
  • 2年目はマニュアルを読破し手法をいろいろ試していこう
  • 縦横展開とドミナント戦略は最強